アイスホッケーfrom東京
by arakum
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
twitter
カテゴリ
更新情報
アジアリーグ
日本代表
大学リーグ
全日本選手権
フリーブレイズ(ニュース)
フリーブレイズ(観戦記)
試合会場案内
国体
アイスホッケー全般
スペリオ
少しだけサッカー

その他
以前の記事
2016年 07月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
more...
別棟&ホッケーブログ集
フォロー中のブログ
めざせマイスキン
A氏の感想文
ぽっとの陽だまり研究室
scratch
無駄遣いな日々
NHL Notebook
日本でいちばん熱い日々の分室
白クマStyle~冬時間...
くまの隠れ家
nomchan.com
涙が果てても「endle...
In a side of...
-今八-
In a side of...
最新のトラックバック
アジアリーグ2010-2..
from 日本でいちばん熱い日々の分室
吉例・アジアリーグ200..
from 日本でいちばん熱い日々の分室
【8/29・30】PSM情報
from 日本でいちばん熱い日々の分室
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「現実」と「奇跡」の狭間の「残酷」
東京都サッカーリーグ2部(2ブロック) 最終戦
 11/2(日) 19:00 赤羽スポーツの森公園球技場

SPERIO城北 8 - 0 FC Fasciner

 得点:
 <SPERIO>成岡(16分) 長澤(38分) 稲見(42分) 長澤(44分)
  長澤(49分) 磯部(59分) 磯部(61分) 磯部(68分)

※最終成績は青梅FCとスペリオがリーグ最高勝点(35)で並び、
 得失点差(+62)も並んだが、総得点数で上回る青梅が優勝



奇跡を信じるファンが大挙つめかけ、今回も満員となった赤スポ。
だが、そこで見た光景は、奇跡を目前にしながらの、残酷な結末であった。
a0024449_22504385.jpg

9点差勝利が必要なこの一戦、理想は前半で4~5点奪うことであるが、
結果として前半終了時点で得点は2点のみ。この時点では「現実」を突きつけられていた。

しかし後半開始早々に3点目を奪うことに成功すると、そこから怒涛のゴールラッシュ。
約20分の間に5ゴールを重ね、あっという間に7-0。スタンドはまさに狂喜乱舞。
そしてイケイケムードの中、ついに8ゴール目。この時、残り時間まだ10分以上。
「奇跡」が「現実」になる瞬間がもうすぐ訪れると、誰もが確信していたはずだ。

しかし「奇跡」は、そこまでだった。

この後、ゴールネットが揺れることは二度となく、
気がつけば、満身創痍のスペリオ戦士達がピッチに横たわっていた。

もし得点ペースが前半のままで終わっていたら、「これが現実」と諦めもついたかもしてない。
しかし結果は、奇跡に僅か1点だけ届かないという、もっとも残酷なラストシーンであった。

だが、残酷さと引き換えに、スペリオがこの試合、あるいは今シーズンで得たモノも大きかったはずだ。
------------------------------------
[PR]
by arakum | 2014-11-06 23:22 | スペリオ
<< 歴史は変われど悪しき伝統は・・・ どうなった?10.19 >>