アイスホッケーfrom東京
by arakum
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
twitter
カテゴリ
更新情報
アジアリーグ
日本代表
大学リーグ
全日本選手権
フリーブレイズ(ニュース)
フリーブレイズ(観戦記)
試合会場案内
国体
アイスホッケー全般
スペリオ
少しだけサッカー

その他
以前の記事
2016年 07月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
more...
別棟&ホッケーブログ集
フォロー中のブログ
めざせマイスキン
A氏の感想文
ぽっとの陽だまり研究室
scratch
無駄遣いな日々
NHL Notebook
日本でいちばん熱い日々の分室
白クマStyle~冬時間...
くまの隠れ家
nomchan.com
涙が果てても「endle...
In a side of...
-今八-
In a side of...
最新のトラックバック
アジアリーグ2010-2..
from 日本でいちばん熱い日々の分室
吉例・アジアリーグ200..
from 日本でいちばん熱い日々の分室
【8/29・30】PSM情報
from 日本でいちばん熱い日々の分室
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
人事を尽くして・・・
東京都サッカーリーグ2部(3ブロック) 第13節(最終節)
 10/18(日) 19:00 赤羽スポーツの森公園球技場(入場者:600人)

SPERIO城北 3 - 1 東京消防庁

 得点:
 <SPERIO>渡邊(37分) PK
 <東京消防庁>(46分)
 <SPERIO>満城(80分)
 <SPERIO>長澤(80分+4)


スペリオの今季リーグ最終戦となったこの試合、
同じ勝点で昇格を争うアローレはちきたの最終戦がしばらく先となった関係上、
結果に関係なく、この日のうちにスペリオの昇格が確定することはなくなった。
それでもこの日の赤スポには、前節のアローレ戦には及ばないまでも、
またも満員の観衆が詰めかけた。

同じ勝点で並ぶアローレに得失点差は4点までに迫られており、
さらに最終戦のアローレの対戦相手が最下位のFC品川であることを考えると、
スペリオとしてはただ勝つだけでなく、1点でも多く得点して、
追いかける形となるアローレにプレッシャーをかけておきたいところ。

しかし今日の相手は、現在中位に甘んじてはいるが、昨季までは1部にいた東京消防庁、
そう簡単には勝たせてくれない。
序盤から職場で鍛えた?フィジカルでスペリオ攻撃陣を潰しまくり、自由を与えない。
結局、前半はPKで得た1点のみで終了。

それでも、前節でライバルアローレに8失点しており、
今回もサブメンバーなしの11人ギリギリで臨んでいる消防庁、
後半は失速してくれてゴールラッシュできるものと楽観していた。

ところが、序盤からリズムがいいのはスペリオではなく、消防庁の方。
押し込まれる展開が続くと、セットプレーであっさり失点。
得失点差を広げるどころか、勝点3すら危うくなってきた。

交替選手のいない消防庁はその後も足が止まることなく、
スペリオはなかなか主導権を握れない。
一進一退のまま、時計は刻々と過ぎていく。
もう得失点差などと贅沢なことは言ってられない時間帯を迎えた。

絶望が脳裏をよぎり、間もなくロスタイム突入するかという時、
スペリオが左サイドから人数を割いて攻めたて、ペナリティエリア内で混戦に。
誰でもいいから決めてくれ!という感じでゴチャついた中、
相手DFに触って方向が変わったボールが、どフリーで待つ満城の前に!
これを難なく押し込み、スペリオ土壇場で待望の勝ち越し点!
前節アローレ戦同様の劇的な展開に、赤スポが再び湧く。

これでようやく呪縛が解かれたか、ロスタイムに入ると、
今までとは見違えるようにリズムよく攻め込むスペリオ、
貪欲に追加点を取りに行き、終了間際にキッチリと3点目の奪取に成功。

スコアは結局3対1。得失点差は2点広げただけに留まったが、
終了間際までは勝点すら落とす可能性もあった展開だけに、
最低限の結果は得られたといっていいだろう。

a0024449_1830722.jpg

a0024449_18303273.jpg
試合終了後、赤スポ最終戦恒例の選手・スタッフがスタンドに上っての挨拶。
昇格を祈るサポーターのチャントで2015シーズン締め。

スペリオは今季リーグ戦を12勝1引分0負、勝点37、得点65、失点10の成績で全日程終了。
この結果、スペリオ昇格の行方は、11/29(日)に開催されるアローレvs品川で決まることに。

アローレが負け・引分ならスペリオが勝点で上回り文句なく昇格。
アローレが勝った場合も5点差までならスペリオが得失点差で上回り昇格。
アローレ6点差で勝利の場合も、「11-5」以上のスコアにならない限りはスペリオの昇格。
(品川の得点力を考慮すれば上記スコアとなる可能性はほぼなし)
アローレが7点差以上で勝利した場合のみ、アローレが逆転昇格。

Jリーグレベルなら6点差は安全圏かもしれないが、まったく安全でないのが都リーグ。
現実にスペリオは昨季、最終戦で9点差勝利が必要な状況で、8点差勝利を記録している。
冒頭に書いたとおり、相手が最下位で且つ既に降格の確定している相手であることを
考慮すると、この点差はたいへん微妙なところであり、スペリオファンとしても
試合の行方を注目せざるを得ないだろう。

いずれにしても、人事は尽くした。あとは天命を待つのみ。
[PR]
by arakum | 2015-11-07 13:48 | スペリオ
<< スペリオ2部優勝!未知の1部へ 「勝ちある」ドロー >>