アイスホッケーfrom東京
by arakum
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
twitter
カテゴリ
更新情報
アジアリーグ
日本代表
大学リーグ
全日本選手権
フリーブレイズ(ニュース)
フリーブレイズ(観戦記)
試合会場案内
国体
アイスホッケー全般
スペリオ
少しだけサッカー

その他
以前の記事
2016年 07月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
more...
別棟&ホッケーブログ集
フォロー中のブログ
めざせマイスキン
A氏の感想文
ぽっとの陽だまり研究室
scratch
無駄遣いな日々
NHL Notebook
日本でいちばん熱い日々の分室
白クマStyle~冬時間...
くまの隠れ家
nomchan.com
涙が果てても「endle...
In a side of...
-今八-
In a side of...
最新のトラックバック
アジアリーグ2010-2..
from 日本でいちばん熱い日々の分室
吉例・アジアリーグ200..
from 日本でいちばん熱い日々の分室
【8/29・30】PSM情報
from 日本でいちばん熱い日々の分室
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
五輪予選 日本vsイギリス
2014ソチ冬季五輪一次予選(日光)
11/11(日) 最終戦
日本 1 - 2 イギリス

得点経過:
 09:59【GBR】ピーコック(A:ダウド,シールズ) +1
 10:29【GBR】オコンナー(A:タイト)
 44:01【JPN】久慈(A:小原)

a0024449_16121896.jpg
自国開催、ゴールデンタイムのテレビ生中継、完全ホーム状態での満員のスタンド、
そして相手は直近対戦で3連勝しており相性のいいイギリス・・・
これだけのお膳立てを揃えてもらいながら、結果は絶句するしかない最悪なものとなった。

続きを読む
[PR]
# by arakum | 2012-11-15 21:56 | 日本代表
五輪予選 日本vs韓国
2014ソチ冬季五輪一次予選(日光)
11/10(土) 第2戦
日本 3 (OT) 2 韓国

得点経過:
 11:39【JPN】久慈(A:田中豪,外崎) +1
 28:51【KOR】シン・サンウ(A:キム・ギュンホ,チョ・ミンホ) +1
 29:32【JPN】小原(A:橋本僚,上野)
 59:49【KOR】シン・サンウ(A:ユン・キョンウォン,ソン・ウジェ)
 63:13【JPN】久慈(A:キャラー) +1

a0024449_238439.jpg
恐らくNHK全国放映は初めてと思われるアイスホッケーでの日韓戦。
既存ファンの心情としては変に盛り上げなくてもいいからすっきり勝って欲しかったところだが、
結局は天下のNHKの思惑どおり「BS劇場」が繰り広げられた(苦笑)
まあ、劇的勝利のおかげで新規ファン拡大に繋がったのだから、とりあえずは良しとしよう。

続きを読む
[PR]
# by arakum | 2012-11-11 09:56 | 日本代表
五輪予選 日本vsルーマニア
2014ソチ冬季五輪一次予選 Group:J(日光)
11/9(金) 第1戦
日本 2 - 0 ルーマニア

得点経過:
 06:01【JPN】斉藤哲(A:寺尾,三田村)
 47:54【JPN】山下


いよいよ開幕した氷上の「絶対に負けられない戦い」五輪予選。
今回は日本開催、そして日本戦は全試合TV生中継ありという、
これ以上ないお膳立ての整った特別な舞台。
それだけに「絶対に、絶対に、負けられない戦い」といってもいいだろう。

とはいっても金曜夜の日光では仕事の都合で現地行きたくても行けない人が多いのも事実。
そこで、せっかくBS生中継があるのだからと、都内のスポーツバーを借りて
恐らくアイスホッケーでは長野五輪以来?になると思われるパブリックビューイングを挙行。
10数人が集まって日本代表の初戦をTV観戦した。
(お店手配していただいた方、お店の皆様ご協力ありがとうございましたm(__)m)

さて、試合の方であるが・・・
ホッケーに限らず、サッカーの地区予選などでも「初戦がもっとも難しい」とはよく言われるが、
皮肉にも生中継があるタイミングでしっかりそれを披露してしまった(苦笑)

格下相手にホームで2点差の辛勝(しかも内1点は相手のオウンゴール -.-)
まあきっちり勝ち点3は取れたことと課題が見つかった(と思われる)ことは収穫であった。

テレビ的には先制点に繋がったルーキー寺尾の神パスや、安定の福藤セービングなど、
見所は随所にあったと思う。

明日の日韓戦は色んな意味で今日より注目度増すだろうから、
さらにクールで熱い試合をお茶の間(死語数年)にも届けてほしい。

もちろん、いちばん届けてほしいのは「勝利」の2文字なのはいうまでもない。
[PR]
# by arakum | 2012-11-09 23:55 | 日本代表
2014ソチ冬季五輪予選in日光(開催要項)
※(11/6 更新) 交通アクセス情報追加

【2014ソチ冬季五輪予選in日光 試合日程】
11/9(金) 14:00 イギリスvs韓国
11/9(金) 18:00 日本vsルーマニア
11/10(土) 14:00 ルーマニアvsイギリス
11/10(土) 18:00 日本vs韓国
11/11(日) 14:00 韓国vsルーマニア
11/11(日) 18:00 イギリスvs日本
※1位が来年2/7~10に行われる最終予選に進出

【チケット情報】※1枚のチケットで当日全試合観戦可
11/9(金) 特別指定3500円 指定2500円 自由1700円
11/10,11(土,日) 特別指定4000円 指定3000円 自由2000円
※前売りはイープラスで販売

【交通アクセス】
会場と日光駅および宇都宮駅間の無料シャトルバスあり。詳しくはこちら

最終日が18時開始になってしまったので、都内方向からの観戦だと東武線での当日帰京は困難。
JRで宇都宮出て新幹線か1泊覚悟するかというところ
[PR]
# by arakum | 2012-11-06 17:55 | 日本代表
80th 全日本選手権 in 新横浜(開催要項・組合せ)
【第80回全日本選手権in新横浜 試合日程】
準々決勝 12/7(金)
第1試合(QF1) 10:00 フリーブレイズ vs 関西大学
第2試合(QF2) 13:00 クレインズ vs 明治大学
第3試合(QF3) 16:00 イーグルス vs 中央大学
第4試合(QF4) 19:00 アイスバックス vs 早稲田大学

準決勝 12/8(土)
第1試合(SF5) 12:00 QF2の勝者 vs QF4の勝者
第2試合(SF6) 15:30 QF1の勝者 vs QF3の勝者

決勝・3位決定戦 12/9(日)
3位決定戦 12:00 SF5の敗者 vs SF6の敗者
決勝 15:30

【チケット情報】※1枚のチケットで当日全試合観戦可
12/7(金) 全席自由2500円(当日券は3000円)
12/8,9(土,日) 特別指定6000円 指定4000円 自由2500円
(当日券500~1000円UP)
※前売りはぴあ、ローソンで販売

80回という記念大会なのに逆に参加チーム数が減ってしまったが、
五輪予選の影響による変則日程や過去の大会
再三指摘していた点が改善できないのならやむを得ないだろう。

また試合時間について、決勝の日は例年だと同日開催の3位決定戦が午前中になる、
選手やサポにとって「罰ゲーム」状態だったが、今回は12時開始に改められた。
ただしその分、決勝の試合時間も遅くなったので、北海道方面からは帰りの心配も出てくるかもしれない。

なお、恒例のNHKテレビ中継は、これも例年の地上波Eテレ時差放映から、BS生中継に変更。
遂に地上波全国ネットからアイスホッケーが消えた形となるが、BSで準決勝も生中継されるので、
視聴環境さえ整っていれば「改善」されたとみていいのか。
[PR]
# by arakum | 2012-10-31 21:55 | 全日本選手権
鬼門不通過
a0024449_22394488.jpg

【12-13 アジアリーグ】日韓横浜ゲームズ(新横浜)
9/29(土) 第2試合
ブレイズ 2 - 4 ハルラ (観客数:延べ1,068)

得点経過:
 03:15【ブ】ファリヌック(A:樫野,田中遼)
 06:33【ハ】ラドゥンスキ(A:ジャックマン,デルラゴ) +1
 09:15【ブ】アルバース(A:田中遼,山本) +1
 12:34【ハ】デルラゴ(A:チョミンホ,パクサンウ)
 38:45【ハ】ジャックマン(A:ラドゥンスキ,キムウォンジュン)
 59:59【ハ】デルラゴ(A:ジャックマン,パクサンウ) EN


東京近郊での今季初開催。
昨シーズンは東伏見、新横浜開催が10日間18試合組まれていたが今季は6日間12試合と大幅減。
それだけに東京のファンにとっては貴重な観戦機会のはずだったが、
集結にも関わらず観客数は2試合延べでやっと1000人超える程度となり
スタンドは空席の目立つ寂しい光景となった。

ブレイズは屈辱の6位に落ちた昨季に比べ大幅に戦力を増強。
この日を迎えるまで6勝3敗とまずまずの成績を残しており、
今回の日韓集結で連勝してイーグルスを追撃したいところ。

対するハルラは2018年に自国開催される五輪への強化一環として
大半の選手をフィンランドに派遣。
その影響で大幅戦力ダウンと当初見込まれていたが、
いざ開幕してみると何人かの選手が復帰しており、今季も強敵になる可能性大。

試合は序盤は激しい点の取り合い。
1ピリ開始から約3分ごとにゴールが生まれ12分経過時点で早くも2-2。
このまま乱打戦になるかと思われたが、ハルラが不安定なオムを早々に諦め
ゴーリーをパクソンジェに替えると、一転してゴールが遠くなる。
ブレイズも新人GK畑が落ち着きを取り戻して中盤以降は好守で沸かせるものの
2ピリ残り1分で一瞬の隙を突かれ、痛恨の勝ち越しを許す。

3ピリのブレイズは焦りからか攻勢には出るもののシュートはソンジェの正面を突くばかり、
同じような単調な攻撃の繰り返しで時計だけが刻々と進んでしまう。
残り2分をきって仕掛けた6人攻撃もハルラを慌てさせるに至らず、
逆に残り1秒でエンプティを決められ終了。

試合内容自体は昨季に比べれば悲観するようなことはまったくないが
決めるべき時に決められずリズムを悪くしてしまう、勿体ない敗戦ではあった。

ちなみにブレイズは翌日のハイワン戦にも敗れ、これで日韓集結は通算6戦6敗。
そしてハルラには首都圏開催で未だ勝利なし。鬼門となりつつある。
[PR]
# by arakum | 2012-10-04 22:37 | フリーブレイズ(観戦記)
開幕超直前!AL12-13順位予想
1:クレインズ
→昨季終盤での勢いは随一。いい意味で今季は戦力平行線でイーグルスから奪還も

2:イーグルス
→順当なら戦力面考慮しても連覇濃厚だが、POでも昨季のような「挑戦者」の姿勢を貫けるか?

3:フリーブレイズ
→昨季屈辱のPO圏外から戦力増強で巻き返し狙う。しかし道勢2チームとはまだ開きあるか

4:アイスバックス
→昨季過去最高の2位からさらに上を狙いたいが福藤離脱の影響やはり大きく、復帰時期がカギ

5:ハイワン
→今季もスイフトの一点豪華セット頼み。安定感は望み薄

6:アニャンハルラ
→フィンランドへの選手大量派遣で戦力大幅減・・・と思われたが、何人か復帰のためPO圏内十分アリ

7:チャイナドラゴン
→順位より最後まで参戦できるかが今季の注目点となってしまった
[PR]
# by arakum | 2012-09-08 13:45 | アジアリーグ
ホッケー観戦関連鉄道ダイヤ変更まとめ
2012-13シーズンのホッケー観戦に影響ありそうな鉄道各路線のダイヤ変更等をまとめてみた。
(主に東京を中心とする首都圏方面からのアクセスを想定)


★西武(新宿線):影響大
→東伏見開催で利用する西武新宿線は、6/30のダイヤ改正で大幅に時刻が変更されている。
昼間時は急行と各停の交互運行になり、小江戸号を除く準急ほかの優等列車は廃止。
これにより、従来なら新宿か高田馬場に於いて直近の急行か準急に乗れば、
必ず最速で東伏見に着くことが可能だったのが、改正により各停が先に着く時間帯も。
具体的には、タッチの差で急行を逃した場合、そのまま2分後発の各停に乗れば最速で東伏見着可能。
急行→各停の下り乗り継ぎは従来は上石神井と鷺ノ宮の両パターン存在したが、
これは鷺ノ宮に現在統一されている。
いずれにしても、東伏見への所要時間は確実に延びてしまったので、観戦の際は
余裕を持って出かけた方がいいだろう。

★東武(日光線):影響小
→スカイツリー関連以外では特に大きな変更はなく、霧降観戦には影響ない模様。
ただし五輪予選が開催される11月辺りは紅葉シーズンの関係で臨時ダイヤが組まれる可能性あり、
今後の動向には注意が必要か。

★東急(東横線):レギュラーシーズンは影響なし
→東京方面から新横浜開催での利用が想定される東横線。
副都心線との直通運転開始により大幅なダイヤ改正が予定されているが、
時期が来年3月16日であるため、少なくともレギュラーシーズン中は現行どおりの見込み。
改正後は池袋および東武東上線や西武池袋線方面から直通で菊名まで行けるようになる。

★JR東日本(東北新幹線):レギュラーシーズンは影響なし
→ダイヤ自体は特に変更ないが、9月29日よりE5系で運転される「はやて」が大幅に増加。
ホッケー観戦を想定すると、八戸20:01発の「はやて」が利用率高いと想定されるが、
こちらも今改正によりE5系に変更となる。
所要時間が短縮されるわけではないが、コンセント付車両になるのはスマホユーザーに
とっては大きなメリットだろう(ただし普通車は窓際もしくは車端部のみ)
ただし、東急同様に来年3月16日に本格的なダイヤ改正実施の見込みであり、
その際はブレイズがプレーオフ進出していれば影響受ける可能性あり、動向に注意。


ということで、現時点で直接的な影響があるのは東伏見開催での西武新宿線くらいか。
新横浜方面での恩恵は来季以降となりそうだ。
[PR]
# by arakum | 2012-08-21 22:24 | アジアリーグ
2012 移籍・加入情報
(8/12更新)
 ※クレインズ→外国人入団情報追加

イーグルス
【OUT】
DF 南 亮太
FW 石塚 武士(→アイスバックス)

【IN】
FW 寺尾 裕道(新人・早稲田卒)
FW 大澤 勇斗(新人・駒大苫小牧卒)
FW 高田 航太(新人・駒大苫小牧卒)


アイスバックス
【OUT】
DF 中居 隼都(引退)
FW 塚田 裕之
DF 大久保 智仁
FW ソン ドンファン(→High1)

【IN】
DF 加藤 誠(新人・関西大卒)
FW 鈴木 雄大(新人・中央卒)
FW 石塚 武士(←イーグルス)
DF タイ・マゴーリー(←SWE Div.1) ※日本人枠登録
FW 矢倉ディーン(←ECHL) ※日本人枠登録
FW ギャレット・ベンブリッジ(CAN)


クレインズ
【OUT】
FW 酒井 隆行
FW 飯塚 洋生(引退・マネージャー就任)
FW タイラー・モジエンコ
FW ジョン・ヘキモビック

【IN】
FW 重野 駿佑(新人・中央卒)
FW 高木 健太(新人・駒大苫小牧卒)
FW マイク・ラジャ(USA)
FW オーレン・アイズマン(←Hig1)


フリーブレイズ
【OUT】
DF アーロン・マッケンジー(→CHL)
DF ポール・アルバーズ
FW トロイ・リドル
FW 石岡 敏(→High1)
FW 波多野 誉行
FW 本間 ジェフリー 光一(ドラゴンへのレンタル移籍終了を経て退団)

【IN】
FW 水内 直人(新人・中央卒)
GK 畑 享和(新人・関西大卒)
FW 篠原 亨太(←High1)
DF 大久保 智仁(←バックス)
FW 高橋 皓介(←ドラゴンへのレンタル移籍終了)
DF ブラッド・ファリヌック(復帰)
DF ジャスティン・フレッチャー(USA)
FW デビッド・リグリー(CAN)


ハルラ
【OUT】
GK ユ・ソンジェ(引退)
FW キム・ハンソン(引退)
FW イ・クォンジェ(→兵役)
DF ホン・ヒョンモク(→High1)
FW アレックス・キム

【フィンランドリーグ留学】
GK パク・ソンジェ(→HC Keski-Uusimaa)
FW キム・ギソン(→HC Keski-Uusimaa)
FW キム・サンウク(→HC Keski-Uusimaa)
DF キム・ウヨン(→HC Keski-Uusimaa)
FW ソン・ウジェ(新人→HC Keski-Uusimaa)
FW パク・ウサン(→Kiekko-Vantaa)
DF キム・ユンファン(→Kiekko-Vantaa)
FW チョ・ミンホ(→Kiekko-Vantaa)
FW シン・サンウ(→Kiekko-Vantaa)
DF イ・ドンク(→Kiekko-Vantaa)

【IN】
DF キム・ドンファン(←High1)
DF キム・ボムジン(←High1)
GK ソン・ホソン(←兵役)
FW カン・ギョンフン(新人・慶煕大卒)
FW イ・ドンミン(新人・漢陽大卒)
FW ソン・ウジェ(←AJHL) ※フィンランドリーグ留学予定
FW マーク・デルレゴ

High1
【OUT】
DF キム・ドンファン(→ハルラ)
DF キム・ボムジン(→ハルラ)
DF キム・ヒョンス(引退)
FW 篠原 亨太(→ブレイズ)
FW 三谷 ダーシ
FW オーレン・アイズマン(→クレインズ)

【IN】
FW ソン ドンファン(←アイスバックス)
FW 石岡 敏(←ブレイズ)
DF ホン・ヒョンモク(←ハルラ)
DF コ・ヒョンビン(新人・高麗大卒)
DF イ・ジェウク(新人・高麗大卒)
FW イ・ソンジュン(新人・延世大卒)
FW スコット・バーニー(CAN)
[PR]
# by arakum | 2012-08-12 23:40 | アジアリーグ
惜別 王子スケートセンター
王子製紙スケートセンター 今月末閉鎖(朝日新聞デジタル)

かつてはイーグルスのホームリンクとしてリーグ戦で長く使用され、
昨シーズンまでは同チームの練習リンクとして使われてきた王子スケートセンターが、
老朽化および維持費の問題等で、今月末を以って閉鎖されることとなった。

a0024449_1334456.jpg

1955年竣工ということなので、56年強使用されてきたことになる。
1966年に始まった日本リーグでは第1回から使用され、当時は常設リンクとしては
最大の収容人数を誇っていた。

長らく国内アイスホッケーの聖地として君臨してきたが、1996年に白鳥アリーナができると
トップリーグの開催はそちらへと移行されていった。
しかし地元苫小牧のホッケーを支えるべく、ジュニアから社会人までの各層の使用に幅広く対応していた。

アジアリーグでの最後の開催は2007年10月の対ラビッツ戦。
このシーズン、イーグルスはAL初優勝を飾ったのだが、皮肉にもそのシーズンの開催が
王子SCとして最後のAL開催となってしまい、
さらに2度目のAL制覇シーズンにリンク自体も閉鎖されることとなった。

閉鎖の理由は老朽化もあるが、それ以上に現施設を維持するためだけの費用を
王子が捻出できないほど厳しい財政状況であることが大きいようだ。

優勝チームが自前のリンクすら維持できない日本のホッケー事情は本当に嘆かわしいばかりだが、
半世紀以上、日本ホッケー界の栄枯(栄があったかは置いといて^^;)を見つめてきたこのリンクに
心から「お疲れ様」といいたい。

以下、10年前に撮影した画像とともに王子SCを振り返りたい。
(今もそれほど変わってないと思うので^^;)


入口はリンクというより体育館に近い雰囲気だった。
a0024449_1343954.jpg

エントランスには伝統を物語る王子の栄光の産物が数多く展示。
a0024449_1352133.jpg

屋根の曲線や壁画が印象的なリンク内。スコアボードは付け替えられる前のもの。
a0024449_1361513.jpg

50年以上の歴史が染み込んでいるような深い味わいのある座席。
a0024449_1365730.jpg

[PR]
# by arakum | 2012-06-24 20:16 | アジアリーグ