アイスホッケーfrom東京
by arakum
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
twitter
カテゴリ
更新情報
アジアリーグ
日本代表
大学リーグ
全日本選手権
フリーブレイズ(ニュース)
フリーブレイズ(観戦記)
試合会場案内
国体
アイスホッケー全般
スペリオ
少しだけサッカー

その他
以前の記事
2016年 07月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
more...
別棟&ホッケーブログ集
フォロー中のブログ
めざせマイスキン
A氏の感想文
ぽっとの陽だまり研究室
scratch
無駄遣いな日々
NHL Notebook
日本でいちばん熱い日々の分室
白クマStyle~冬時間...
くまの隠れ家
nomchan.com
涙が果てても「endle...
In a side of...
-今八-
In a side of...
最新のトラックバック
アジアリーグ2010-2..
from 日本でいちばん熱い日々の分室
吉例・アジアリーグ200..
from 日本でいちばん熱い日々の分室
【8/29・30】PSM情報
from 日本でいちばん熱い日々の分室
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
11/6 ヨコハマセレブホッケー観戦(料金だけ)
今季初の国内チーム同士による集結戦。
通し指定席は発売開始後数分で完売していたので当日の会場は大盛況を予想していたが、
入替え指定席部分は案外空席が目立っていた。

今回、バック指定券(第1試合のみ指定席、第2試合は立見or自由席へ要移動)で観戦したが、
購入の際に確認が甘かったか、不覚にも意図しないアウエイ側の席となってしまった(涙)
a0024449_10502658.jpg

掲示されていた席割表を確認してみると、メイン側はいいとして、
バック側はなんとも摩訶不思議な配置になっていた。
a0024449_23381231.jpg
応援席って何?
それも第1試合のみ適用ってことは、ブレイズとクレの会社関係者ゾーンがあったということか?

そんな訳で、クレ応援席のすぐ横で観戦というアウエイ感満載の中で第1試合開始。
ブレイズが先制してクレインズが盛り返すという、途中までは前回対戦と同じような展開。
a0024449_2336482.jpg

ただ試合内容は前回と大きく異なり、ブレイズが試合を終始圧倒的に支配しつつも、
クレインズがGK石川の堅守を中心になんとか凌ぎ、少ないチャンスを確実に結びつけて
結果、均衡した試合に持ち込んでいた感。

それでも3ピリに入ってクレが2点リードした時にはさすがに勝負あったかと思ったが、
とどめを刺しに行くでもなく、かといって守りきるでもなく、なんとなくフワフワした感が
抜けないクレインズに対して、怯むことなく攻め続けたブレイズ、
この日5回目のパワープレーをようやく決めて1点差に追い上げると、
残り7分で山本がボード際遠めから意表を突いたショットを見事に決めついに同点!
試合はそのまま、このカード3試合連続となる延長戦へ突入。
a0024449_23372297.jpg

OTは一転して足の止まったブレイズをクレが攻め立てるが、なんとか凌いで5分経過。

GWS戦では3ピリ途中までやや不安定だったブレイズGK橋本が、ここに来て守護神らしさを発揮。
ブレイズが田中豪、マルヘレンと立て続けに決めた後、
クレインズのゴールディーが肩口目がけて放った強烈なショットを素早い反応で弾き出す。
そのパックがフェンスを超えて後方へ消えると、勝利を確認したブレイズ選手全員が
リンクへなだれ込み、歓喜の輪が出来上がった。

【10-11 アジアリーグ・横浜集結シリーズ】(新横浜SC)
11/6(土)
第1試合ブレイズ 5(GWS)4 クレインズ (観客数:1441)
得点:【ブ】田中豪×2 ジャレット マルヘレン 山本
 【ク】小原×2 飯村 マディル


第2試合はこれも一進一退の展開となったが、最後まで走り負けなかったバックスが
イーグル相手に5得点を挙げ快勝。
試合終了直後の会場は、まるで優勝が決まったような歓声に包まれていた。
a0024449_23382898.jpg

氷のコンディションが多少は勝敗を左右する要素になった感は否めないが、
それでも4チームが拮抗した内容を披露できたのは、新規ファン向けにはよかったのではと。

しかし現状の新横浜の環境に於いて、今のチケット料金体系を維持させたいのなら、
試合内容だけに価値を見出してもらうような対応はちょっと考え直してほしいもの。
正直、この会場で料金に見合うだけの価値を提供できている観戦エリアはごく僅か。
ほとんどのファンが安くない出費にも関わらず、快適な観戦からはほど遠い環境を
強いられていることを、運営サイドはちゃんと認識しておいてほしい。
(「それを承知でボッタくってます」という見解ならもう言う事はないが・・・)
[PR]
by arakum | 2010-11-09 23:51 | フリーブレイズ(観戦記)
<< 12/11 温泉より熱い「ホー... サイト運営10+1周年 >>