アイスホッケーfrom東京
by arakum
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
twitter
カテゴリ
更新情報
アジアリーグ
日本代表
大学リーグ
全日本選手権
フリーブレイズ(ニュース)
フリーブレイズ(観戦記)
試合会場案内
国体
アイスホッケー全般
スペリオ
少しだけサッカー

その他
以前の記事
2016年 07月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
more...
別棟&ホッケーブログ集
フォロー中のブログ
めざせマイスキン
A氏の感想文
ぽっとの陽だまり研究室
scratch
無駄遣いな日々
NHL Notebook
日本でいちばん熱い日々の分室
白クマStyle~冬時間...
くまの隠れ家
nomchan.com
涙が果てても「endle...
In a side of...
-今八-
In a side of...
最新のトラックバック
アジアリーグ2010-2..
from 日本でいちばん熱い日々の分室
吉例・アジアリーグ200..
from 日本でいちばん熱い日々の分室
【8/29・30】PSM情報
from 日本でいちばん熱い日々の分室
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
蘇る古豪決戦
11-12シーズンのアジアリーグも大詰めを迎え、
残すはプレーオフファイナルの霧降週末2連戦のみ。
(イーグルス土曜勝利した場合はその時点で終了)

イーグルス対バックスの「頂上決戦」はアジアリーグはもちろん、
日本リーグ時代から通しても初めてのことであるが、
さらに時代を遡って全日本選手権が国内最高峰の大会だった昭和30年代以前を見ると、
何度か決勝で対決していたことがある。


全日本選手権決勝対戦成績
第3回 苫小牧王子4-1日光精銅所
第6回 苫小牧王子6-3日光精銅所
第22回 王子8-2古河
第24回 王子5-3古河
第26回 王子8-6古河
第28回 古河4-2王子

過去の決勝での対戦は王子5勝、古河1勝。

戦前の頃からライバルとしてしのぎを削ってきた両者、
しかし全日本の頂上決戦ではことごとく王子に凱歌が上がる。
古河は優勝こそ何度か経験していたものの、王子を破っての優勝は
6度目の対決でようやく実現することに。

しかし王子・古河の「2強」時代は長くは続かず、
日本リーグが始まると両者の明暗はクッキリと分かれる。

常勝軍団となり日本リーグを牽引していった王子に対し、
常に最下位争い(もしくはダントツ最下位)でリーグのお荷物となった古河。
両者の対戦成績もその実力に比例してかつての2強時代は見る影もなくなる・・・

日本リーグ対戦成績(1)
王子 142勝 5分 8勝 古河

日本リーグ対戦成績(2)
王子 32勝 6勝 バックス

古河時代は惨憺たる内容だったがバックスに生まれ変わってからは幾分マシになる。
まあ、これはバックスが強くなったというよりは王子弱体化の影響が大なんだけど(苦笑)


アジアリーグ対戦成績
  王子  日光
03 2勝 2分 0勝
04 5勝   1勝
05 4勝   2勝(レギュラー)
05 1勝   3勝(プレーオフ)
06 4勝   2勝
07 4勝   2勝
08 6勝   0勝
09 4勝   2勝
10 5勝   1勝
11 3勝   3勝(レギュラー)
11 2勝   1勝(プレーオフ,3/23現在)
計40勝 2分17勝

アジアリーグに移ってからは王子の2勝1敗ペースで、
以前に比べるとかなり実力差はなくなってきたのが分かる。
特に今季については、日本リーグ開始以来46シーズン目にして、
初めてバックスが王子に対して負け越さなかった歴史的なシーズンとなった。
そしてもちろん、両者が初めてリーグの頂上決戦で相対するということも
日本ホッケー界の歴史的出来事になるのは当然だ。


日本リーグ+アジアリーグ通算対戦成績
イーグルス 214勝 7分 31勝 バックス(通算252戦)

イーグルスが215勝目を挙げて名門の意地を見せるのか、
それともバックスが聖地霧降で33勝目を挙げて悲願のリーグ制覇果たすのか、
約半世紀ぶりに復活した「古豪決戦」から目が離せない。
[PR]
by arakum | 2012-03-23 23:10 | アジアリーグ
<< 11-12 AL全日程終了 11-12 レギュラーシーズン終了 >>