人気ブログランキング |

アイスホッケーfrom東京
by arakum
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
twitter
カテゴリ
更新情報
アジアリーグ
日本代表
大学リーグ
全日本選手権
フリーブレイズ(ニュース)
フリーブレイズ(観戦記)
試合会場案内
国体
アイスホッケー全般
スペリオ
少しだけサッカー

その他
以前の記事
2016年 07月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
more...
別棟&ホッケーブログ集
フォロー中のブログ
めざせマイスキン
A氏の感想文
ぽっとの陽だまり研究室
scratch
無駄遣いな日々
NHL Notebook
日本でいちばん熱い日々の分室
白クマStyle~冬時間...
くまの隠れ家
nomchan.com
涙が果てても「endle...
In a side of...
-今八-
In a side of...
最新のトラックバック
アジアリーグ2010-2..
from 日本でいちばん熱い日々の分室
吉例・アジアリーグ200..
from 日本でいちばん熱い日々の分室
【8/29・30】PSM情報
from 日本でいちばん熱い日々の分室
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:全日本選手権( 69 )
歴史は変われど悪しき伝統は・・・
第82回アイスホッケー全日本選手権(新横浜)
12/7(日) 決勝
日光アイスバックス 3 (OT) 2 東北フリーブレイズ

得点経過:
 04:06【日光】今野(A:岩本)
 38:41【東北】ファリヌック(A:山下,大宮)
 43:28【東北】ストール(A:田中豪,ファリヌック)
 59:43【日光】上野(A:高橋,斉藤哲)
 64:58【日光】佐藤

初のプロクラブチーム同士の決勝対決となったこの試合。
ブレイズは名実ともに初の日本一を、
そしてバックスはクラブ化以降では初のタイトルを賭け、
一歩も譲らない熱戦を繰り広げた。

スコアシート通りに表現すれば、バックスがRT終了17秒前に同点に追いつき、
さらにOT終了2秒前に勝ち越すという「劇的な」展開で、
クラブ化以降初(前身の古河時代を含めると52年ぶり)のタイトルを手中にした、と言えるだろう。

が、現場の空気は、最後のゴール判定を巡るお粗末すぎるドタバタにより
ブレイズ側は怒りとモヤモヤ、バックス側もせっかくの歓喜がなんとなく微妙なものとなり、
晴れの舞台を運営側が見事にブチ壊す結果となった。

発端となった最後のゴールシーン、
バックスFWDF佐藤がパックをキープして持ちあがるも、ブレイズDFが数的優位な
状態でしっかりマークについており、残り時間からもこのまま終了と思われた。
が、ニアでマークについていたDFがこともあろうにスロット付近まで来て転倒、
これで労せずフリーになった佐藤がGK橋本の左肩上のスペース狙いシュート、
しかしパックはゴールネットには吸い込まれず、「どこか」に当たり跳ね返って
クリーズ前を転がっていた。
個人的には肉眼では入っていたのか入っていないのかその時点では確認できなかったが、
ゴールランプは点いておらず、主審もゴールのジャッジは「していないように見えた」ので
ノーゴールであると思い込んでいた。
しかし逆サイドに視点を移すと、バックス側の選手がいまシュートを打った佐藤を囲むように
全員がベンチから飛び出し祝福している光景が・・・

まあ、後でNHKの放送でのスロー再生をチェックしたら、確かに入ってはいたのだが、
少なくとも現場レベルでは、はっきり言ってその瞬間は「????」しか浮かばなかった。
a0024449_123208.jpg

レフェリーによってバックス側の選手は一旦ベンチに戻され、何やらオフィシャルも交え協議。
次にランプを点けなかったゴールジャッジも呼ばれるが、この時点まで判定は出ず。
またしばらく何か協議した後、今度は主審2人が問題のゴールネットに向かい、
ネットの中の様子をチェック。これにはスタンドの各所から失笑が漏れる。

どういう協議内容なのか場内には一切放送されないまま時間だけが経過して、
両チーム主将に主審が何か話しかけ、それが終わるとバックス側が歓喜の輪、
ブレイズ側が主審に激しく詰め寄るという不思議な光景で結末を迎えた。
a0024449_12321243.jpg

この間、場内に対しては「問題の場面について当初どのように判定を出したのか」
「なぜ長時間協議しているのか」「判定を協議するための材料は何だったのか(映像?目視?)」
「最終的に、どのような判定になったのか」が一切アナウンスなし。
スタンドは歓声と怒号が交差して異様な雰囲気と化した。

その後の閉会式に於ける不祥事は各所で(試合結果より)大きく報道されているとおり。
a0024449_12322557.jpg

a0024449_17475856.jpg

運営も、選手も、そして【自主検閲】も、ホッケーに携わる人みんなで恥を拡散するという、
日本ホッケー界の現状を見事に体現した大会であった。

最後に。
ビデオジャッジ導入とか、スポーツマンシップとか、それ以前の問題であって、
要は見てもらってなんぼのイベントで、最低限やるべきことだけでも理解してりゃ、
こんな醜態何度も繰り返すことないだろ?そんな難しい事か?
by arakum | 2014-12-16 22:30 | 全日本選手権
80th 全日本選手権 in 新横浜(開催要項・組合せ)
【第80回全日本選手権in新横浜 試合日程】

by arakum | 2012-10-31 21:55 | 全日本選手権
第79回全日本選手権 決勝
a0024449_17403915.jpg


クレインズ 3 - 1 イーグルス

クレインズが1点ビハインドで迎えた3ピリ開始早々、3分間で3得点して勝負あり。
最近のリーグ戦と準決勝を見る限りでは隙はないように見えたイーグルスであったが、
結局は一昨年の苫小牧開催と同じような流れでお約束通り崩壊。

テレビ的には編集しやすい展開だったのではw
by arakum | 2012-02-12 20:14 | 全日本選手権
とりあえず表彰式参加権は獲得
a0024449_943224.jpg


全日本選手権三位決定戦試合終了。

延長戦の末4-3ブレイズ勝利で3位確定。
地元開催でどうにか表彰式参加という最低限の面目は保つ。
by arakum | 2012-02-12 12:53 | 全日本選手権
79th 全日本選手権 in 八戸(開催要項・組合せ)
トーナメント表/試合日程

チケット発売要項(3回戦までは協賛金扱い)

準決勝第1試合(クレインズ・バックスのブロック)は1/11(土)13:00、
第2試合(イーグルス・ブレイズのブロック)は同日16:00開始。
決勝は1/12(日)13:00、3位決定戦は同日9:30開始。

チケット料金は準々決勝以降、指定は3,600円(前売)で試合ごとの入替制。
(ただし同日開催他試合を自由席で観戦可)
自由は2,700円(前売)で1日通し観戦可。

↓首都圏以外からの観戦でこれから航空便手配という方はこちら


by arakum | 2012-01-20 12:40 | 全日本選手権
全日本も八戸
個人的には先週のリーグ戦八戸最終戦の余韻がまだ残っているが、
来月同じく八戸で開催される全日本選手権の組合せも発表された。

第79回全日本アイスホッケー選手権 組合せ表(PDF)

八戸で同大会が開催されるのは、2007年以来5年ぶり。
アジアリーグ所属チーム(フリーブレイズ)ホームタウンとしては、初めて迎えることになる。

なお決勝は2月12日(日)13:00試合開始。
東京方面から観戦に訪れる人も、リーグ戦の時のように、帰りの便を心配する事態は避けられそうだ。

チケット、交通アクセス(シャトルバスの有無等)については、情報入手次第追って掲載予定。
by arakum | 2012-01-11 23:59 | 全日本選手権
NIKKO もう KEKKO?
a0024449_22142334.jpg

約半世紀ぶりの日光開催となった今回の全日本選手権、
試合の方はクレインズの連覇で締めくくったが、
大会運営については今回も例年同様、締まらない点が幾つか散見された。
以下、個人的な所感(ほとんどボヤキ)を列挙。


・大会に関する情報発信元の明示がない
 →後述する交通アクセスの件もそうだが、どの団体の、どのサイトに行けば
  大会に関する情報収集ができるのか?戸惑った人が多かったはず。
  通常は主催の日ア連か主管の開催地域連盟(今回の場合栃ア連)のどちらかのサイトに
  詳細情報や公式記録が掲載されるはずだが、今回、どちらのサイトにも
  そのようなコンテンツは掲載なし。
  交通アクセスについては、大会が開幕してからようやく日ア連サイトに掲載される始末。
  こんな体たらくでは、いくらマスコミに対して「もっと取り上げてくれ!」と言った所で
  情報収集する機会をこちらから奪っているのだから本末転倒もいいところだ。

・交通アクセスの不備および事前告知の不徹底
 →前述のとおり、大会用シャトルバス運行については開幕するまで告知なし。
  仮に「運行なし」ということであれば、それ自体に不満も多少はもちろんあるが、
  まあ過去にもそういった例あるし運行できない事情が出てくるのも理解はできる。
  しかしそれならそれで、運行有無の事前明示くらいは必要最低限の仕事だろう。
  もしかしたらバス運行業者との折衝に時間がかかっていたのかもしれないが、
  それなら「調整中」と事前に告知した上で、有無が確定した時点で改めて
  発表という形式も取れたはず。
  また、実際に運行されたシャトルバスは、通常の路線バスより小型サイズで
  しかも用意できたのは1台のみのため、ピストン輸送だった。
  当然、バス利用しか手段のない観客は早く乗り場に並ばないと、真冬の酷寒の中、
  長時間待たされることを強いられる。
  この点についても事前告知があればまだ防衛策の採りようがあろうが、
  その辺も不徹底だったため、大量のバス待ち難民を生む結果となった。

・会場内施設対応のKYぶり
 →現場の方々の奮闘ぶりにはもちろん頭が下がる思いだが、最大で1日4試合観戦者もいるのに
  「暖を取れるスペース不足」
  「自販機のホットドリンクは早々に売り切れた後大会最終日まで補充なし」
  「食堂は14時半で終了」等々・・・
  これらは決して「不手際」ではなく、あくまで通常時の対応をしたまでかもしれないが、
  仮にも約半世紀ぶりのビッグイベント期間中である。
  通常のリーグ戦とは違うんだという空気が読み取れる中の人はいなかったものか。

・指定席チケット販売方法への不満
 →今回の大会で開催前にもっとも波紋を呼んでいた指定席の完全入替え制。
  チケットを2度手間かけて自由席の2倍の価格で買わされた挙句に
  一旦スタンド外に追い出される仕打ちを受け入れられる心の広いファンは
  さすがに主催者側の目論見ほどいなかったワケで・・・
  バックスが決勝進出すればまた状況は変わったのかもしれないが、
  (というかもしかしたら始めからそれを見込んだ皮算用だったのか?)
  結果はTV中継でご覧のとおり、空席ばかりが目立つ寂しい光景となった。
  ただ、2試合通しで見たいファンにとっては怒り心頭な今回のスタイルも
  始めからバックス戦しか興味のない層にとっては、かえって安上がりで助かったのかも。
  現実、最終日は決勝よりもバックスの出た3位決定戦の方が、明らかに指定埋まっていた(苦笑)

・中継カメラと指定席の位置関係
 →2年前の大会で同様の指摘をしていたが、当ブログに寄せられたコメントを参考にする限り、
  今回もまったく改善されていなかった模様。
  言いたいことは前回の繰り返しになるのでここでは割愛。
  というか、主管連盟同士でそういった問題点の引継ぎくらいできないものか・・・

・バックス、せっかくの地元開催も3位入賞すら逃す
 →準決勝は見せ場を作っての惜敗で盛り上がったものの、
 3位決定戦は正直、前日ほど勝利に対する貪欲さが伝わってこなかった感。
 もちろん地元開催での優勝を使命にしてたのだから気落ちがあるのも理解はできるが、
 せめて3位に入って表彰式に立つことができれば、大会を締める雰囲気も変わっていたのでは?

a0024449_22151989.jpg

・いつまでたっても改善されない無謀すぎる日程
 →シードされているAL勢以外は勝ち進めば連戦が続いてしまう件、
  これも前々回の大会で指摘した後、昨年は準々決勝前に1日休養日を挟むよう改善されたのに、
  今回の大会では再び改悪され、ブロックによっては決勝までなんと6連戦となるチームも。
  これでは仮に準々決勝で「ジャイアントキリング」がせっかく起きても、
  準決勝はどう考えても体力的にAL勢の方が絶対的有利になることは否めない。
  恐らく経費面を考慮した結果の日程編成だと思うが、仮にも日本の頂点を決める戦いが
  そのような理由だけで簡単に質を落とすことを許容していいものだろうか?
  21世紀に入ってオープン化の道を選び試行錯誤を繰り返してきた当大会だが、
  AL勢以外の大会に対する位置付けなども考慮した変革が必要な時期に来たと感じる。

・インプレー中のブブゼラ
 →流行を先取り(笑)注目の的(笑)熱いサポの証(笑)・・・に注意喚起のアナウンスすらなし(呆


「日光を見ずして結構というなかれ」と昔から言われているが、
「日光での全日本はもう結構」と訪れた人に思われないよう、
次回開催の機会あれば、今大会での問題点をしっかり検証して改善を図ってほしい。

a0024449_22132956.jpg

by arakum | 2011-02-15 20:10 | 全日本選手権
78th 全日本選手権(日光) 決勝
a0024449_1754452.jpg

ブレイズ 2-6 クレインズ

やはり勢いだけでは簡単にタイトルは取らせてくれない。それを痛感させられた一戦。


準決勝劇的逆転勝利の勢いそのままに序盤から全開モードで押し込むブレイズに対し、
クレインズはまず相手の良さを消すことを重点に置いたような試合の入り方。
そして狙い通り、ブレイズPP中のミスに乗じて先制点を奪うことに成功。

対するブレイズも2ピリに一旦は2点差を追いつくが、その勢いを削ぐかのように
クレインズもすぐさま相手自陣内でのハンドリングミスを逃さず再び勝ち越し。

その後は隙を見いだせないクレインズのゲームプランの前に段々とペースを奪われ、
終盤は連戦の疲れが出てきたかパスミスも目立つようになり、足も止まってしまう。
そして3ピリはほとんどなす術なく、最後は連続エンプティを決められて勝負あり。


今回連覇を果たしたクレインズがかつてそうだったように、「あと1点、あと1勝」の前には、
経験の差という壁が大きくたちはだかる。

経験は失敗事例からも得られるが、同じことを繰り返さない学習能力は備えておかないと、
プレーオフ、そして来季の希望は見えてこない。

しかし、チームもサポーターも、頂点を目指す戦いがどんな空気なのかを今回体感できたこと自体は、
間違いなく「いい経験」であったと断言していいだろう。
by arakum | 2011-02-13 17:54 | 全日本選手権
78th 全日本選手権 in 日光 (準決勝~決勝)
【2/12(土) 第78回全日本選手権 準決勝】(日光・霧降)  
13:00 クレインズ 6-3 アイスバックス
16:00 フリーブレイズ 4(GWS)3 イーグルス
 ※左側記載チームがホーム側ベンチ(入口から見て奥)

バックスはPPを効率よく決めて接戦に持ち込むものの
攻守に終始安定感のあるクレインズを崩すまでには至らず、
約半世紀ぶりの地元開催制覇の夢は潰えた。

ブレイズはイーグルスの終盤猛攻に耐え延長まで持ち込み、
GWSで鈴木雅がリーグ戦八戸最終戦に続いて春名から技ありゴールを奪い逆転勝ち。
参入わずか2年目にして初の決勝進出とテレビ地上波全国放映権を手にした。

【2/13(日) 第78回全日本選手権 決勝】(日光・霧降)  
13:00 クレインズ - フリーブレイズ
 ※左側記載チームがホーム側ベンチ(入口から見て奥)

決勝の模様はNHK教育で当日15時より録画中継にてTV放映あり。
あらくまが10年前の札幌大会以来の画面登場なるか注目…しなくてよい(^_^;)
by arakum | 2011-02-12 21:20 | 全日本選手権
78th 全日本選手権(日光) 準決勝第2試合
a0024449_049481.jpg

ブレイズ 4(GWS)3 イーグルス

先月の日韓集結では守備面の課題を露呈したブレイズであったが、
今日はイーグルスの猛攻によく耐え、延長GWS戦の末見事勝利。
参入2年目にして早くも初の決勝進出を果たした。

勝利が決まった瞬間、GK橋本を中心にいつも以上の歓喜の輪。
明日はこれ以上の喜びに湧く光景が見られるか。
by arakum | 2011-02-12 20:00 | 全日本選手権